忍者ブログ

自営業ブログ

個人事業主とは会社(法人)を設立せずに事業を行っている個人のことで、 一般的には自営業者ともいいます。 会社には属さず、自由に事業を自分の思ったようにできるイメージがありますが、 全てのことを自己責任で行わなければなりません。 事業の営業的なことから、お金に関することや、税金に関することやあれやこれや。 しかし、自分の裁量で全てのことができるわけですから、 考えようによってはこんなに楽しいことはありません。 時間も全て自分の事業のために使えます。 かく言う私も、とある会社から独立したわけですが、 今からすれば独立する前にもう少しいろいろ調べたほうが よかったな、などと思っています。 (開業準備、業務内容、資金繰りなど、まああまり考えすぎても 独立はできないですが) 独立して十数年いろいろありましたが、その中で経験したこと等を載せていきたいと思います。 ※尚、記事内容の実施等に付きまして、生じる一切の損害について如何なる責任も負いませんのでその点はご了承下さい。

個人事業主になるときの届け

個人事業として開業するときに必要な届けには以下のものがあります。


私が開業した時には、これらの届けをせずに事業を開始したので、 最初の確定申告の時に税務署から書類が届きませんでした。
そのため確定申告をするために直接税務署に出向いて申告することとなりました。
そのときの状況といいますと、 税務署に到着し確定申告の順番待ちの札をもらう。 順番が来て案内された税務署員の机の前に座る。 今回が個人事業主として初めて確定申告に着たことを伝える。
そこで初めて開業届けなどがあることを知ったわけですが、このとき 「じゃあここで開業届けを書いてください」と言われて届けを出しました。

税務署に来る前に既に友人から貰ったパソコンの会計ソフトで一通りの会計処理を行っていて、 貸借対照表、損益計算書、現金出納帳、預金出納帳、経費帳、などを揃えて持っていきました。 これらの書類は会計ソフトで印刷した書類でした。

パソコンの会計ソフトを使っていることを税務署員に告げると
「何のソフトを使っていますか?」といわれたので
「弥生会計を使っています。」と答えると、「じゃあ問題ないですね。青色申告でOKです。」
といわれました。(青色申告会では「弥生会計」を推奨しているようです)

これを読まれている方は、各種届を提出して下さい。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R