忍者ブログ

自営業ブログ

個人事業主とは会社(法人)を設立せずに事業を行っている個人のことで、 一般的には自営業者ともいいます。 会社には属さず、自由に事業を自分の思ったようにできるイメージがありますが、 全てのことを自己責任で行わなければなりません。 事業の営業的なことから、お金に関することや、税金に関することやあれやこれや。 しかし、自分の裁量で全てのことができるわけですから、 考えようによってはこんなに楽しいことはありません。 時間も全て自分の事業のために使えます。 かく言う私も、とある会社から独立したわけですが、 今からすれば独立する前にもう少しいろいろ調べたほうが よかったな、などと思っています。 (開業準備、業務内容、資金繰りなど、まああまり考えすぎても 独立はできないですが) 独立して十数年いろいろありましたが、その中で経験したこと等を載せていきたいと思います。 ※尚、記事内容の実施等に付きまして、生じる一切の損害について如何なる責任も負いませんのでその点はご了承下さい。

個人事業主の日々の会計(経理)処理

毎日の会計処理で行うこととは、事業に関することでお金の出入りがあったことを帳簿に記帳することです。 しかし、SOHO(ソフト開発)である私は、日々仕事をしていても毎日お金の出入りが記帳する様なこともなく、 一週間に一回ぐらい行う程度で、仕事が立て込んでくると一ヶ月に一回まとめて行ったりします。

売上にしても一ヶ月に一回あればいいほうで、数ヶ月に一回なんてこともあります。
本当は毎日、帳簿付けをした方がいいのでしょうが、一般の商店では無いのでそこまでは必要ないと思います。

帳簿を付けるといっても、会計ソフトで現金出納帳と預金出納帳にデータを入力すれば、ものの10数分で済んでしまいます。 入力方法さえ分かれば誰でもできると思います。

私自身は簿記の資格を持ってはいませんが、昔から販売・仕入・在庫・会計関連のソフトは作成してきましたので 少なからずは会計の知識はありましたので、会計ソフトを使うことへのハードルは低かったと思います。

それでも個人事業主としては一通りの会計の知識は必要かなと思い、数冊の本は読みました。
最初は漫画での解説本や、入門用のものなどで、特に詳しい本でなくても目を通すべきです。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R