忍者ブログ

自営業ブログ

個人事業主とは会社(法人)を設立せずに事業を行っている個人のことで、 一般的には自営業者ともいいます。 会社には属さず、自由に事業を自分の思ったようにできるイメージがありますが、 全てのことを自己責任で行わなければなりません。 事業の営業的なことから、お金に関することや、税金に関することやあれやこれや。 しかし、自分の裁量で全てのことができるわけですから、 考えようによってはこんなに楽しいことはありません。 時間も全て自分の事業のために使えます。 かく言う私も、とある会社から独立したわけですが、 今からすれば独立する前にもう少しいろいろ調べたほうが よかったな、などと思っています。 (開業準備、業務内容、資金繰りなど、まああまり考えすぎても 独立はできないですが) 独立して十数年いろいろありましたが、その中で経験したこと等を載せていきたいと思います。 ※尚、記事内容の実施等に付きまして、生じる一切の損害について如何なる責任も負いませんのでその点はご了承下さい。

屋号の決定

「屋号」商号とも言いますが、会社における会社名と同じものです。
一般的に、「○○商店」「□□屋」などと商店で付けられるものと同じです。

「名は体を表す」と言いますが、名前から受ける印象は大事です。
名前を見たり聞いたりした時に、すぐに何を事業としているのかを 理解できる名前付けがいいと思います。
また、名前を一度声にして音として他の人に聞いてもらい 発音しやすいか、音の響きがよいかなどチェックされてはどうでしょうか。

「屋号」は税務署に開業届け書(個人事業の開廃業等届出書)として届ける書類に 記入しますので、その時点までには決めておくとよいでしょう。

開業する地域で同じ名前がバッティングすると問題ですから、 前もってGoogleなどで検索して調べてみることも必要です。 昔はよく電話帳の記載で最初のほうに載るからと 会社名にカタカナが使われたものですが、今はどうなのでしょうか。

名前付けと言ってもなかなかいいものが浮かばないものです。
大きな会社で創業者の名前がそのまま会社名になっているところもありますが、
・トヨタ自動車 ⇒ 豊田佐吉氏(豊田自動織機)
・本田技研工業株式会社 ⇒ 本田宗一郎氏
・松下電器産業株式会社 ⇒ 松下幸之助氏(現:パナソニック)
・ブリヂストン ⇒ 石橋正二郎氏(英語の「ブリッジ」(橋)と「ストーン」(石)を合成したもの)
・リンナイ ⇒ 創設者の林兼吉氏と内藤秀次郎氏から一字を取ったもの
意外と創業者の名前を付けている会社も多いものです。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R